とりはずしのできる入れ歯 の種類には以下のものがあります。

レジン床 (保険適用のものと保険適用外のものがあります。)

アクリリックレジンという樹脂を使用した入れ歯です。

 

保険適用外の場合は、素材の高性能化による耐久性のアップや、上質な人工の歯を用い審美性を高めます。かみ合わせを精密に記録し、より適合の良い美しいものを目指します。

金属床 (保険適用外)

フレームに、コバルトクロムやチタンを用いて薄く作ります。異物感が少なく、食べ物の温度を感じながら おいしく食事のできる入れ歯を作っていきます。

バルプラスト 金属バネを使わない入れ歯 (保険適用外)

スーパーポリアミドという素材を用います。

入れ歯自身がやわらかく、金属バネを用いなくても安定して食事ができます。

金属のバネを使わないため自然感があり、入れ歯が入っていることが、ほとんどわかりません。

 

破折に対するメーカーの保証があります。

CIMG4601-1.jpg

装着前

CIMG4602-1バルプラスト.jpg

装着後

CIMG4605-1.jpg

コンフォート (保険適用外)

入れ歯の内面に生体用シリコンを張り合わせ、緩みの少ない快適な噛み心地が得られます。

従来の方法と比較して耐久性がアップしています。

 

はがれに対するメーカーの保証があります。

エステショット 金属バネを使わない入れ歯 (保険適用外)

PETを用います。ペットボトルと同じ素材です。

バルプラストに似ていますが、素材は異なります。

バルプラストほどやわらかくはありませんが、その分しっかり固定されます。

金属床との組み合わせで、安定した噛みごこちが得られます。

磁性アタッチメントデンチャー 医療用強力磁石を用いた入れ歯 (保険適用外)

ケラターアタッチメントを用いた入れ歯 (保険適用外)

 

入れ歯の安定(吸い付き)を良くするために、入れ歯に医療用の強力磁石やアタッチメントを埋め込み、残っている歯に吸着あるいは維持させます。

 

ご使用中の入れ歯にも埋め込むことが可能です。(症例により適応できない場合もあります。)